若手コンサルタントに必要なビジネススキル、マインドセット、コンサルティングサービスの種類の紹介

2コ上のタイトルを意識して仕事をする

今日は仕事をする時の意識について、お話したいと思います。

 

コンサルティングファームには、組織の役職であるタイトルがあります。タイトルが上がることをプロモーションするといいます。

 

プロモーションをすることで給料が大幅にアップし、仕事の幅も大きく広がることから、コンサルファームにいる多くの人は一つ上のタイトルにプロモーションすることを目指して仕事をしています。

 

が、意識の上では、二つ上のタイトルにおいて求められている要件を考えながら仕事をすると良いと思います。

 

例えば、以下の4つのタイトルがあったとします。
あなたがアナリストというタイトルだったとした場合に、目指しているタイトルは1コ上のタイトルであるコンサルタントです。しかし、意識すべきタイトルはマネージャーということになります。

 

アナリスト     ←今のタイトル
コンサルタント   ←目指しているタイトル
マネージャー   ←意識すべきタイトル
パートナー

 

意識するとは、あなたがアナリストのときにマネージャーに求められる、スキルやコンピテンシーを知り、出来る限り身につけようとすることです。

 

一つ上のタイトルだけを意識をしているとどうしても、仕事の視野が狭くなってしまいます。

 

たとえば、マネージャーであれば、プロジェクト全体のタスクを管理して、クライアントとのコミュニケーションを全般的に引き受ける必要があります。

 

しかし、アナリストが一つ上のコンサルタントだけの仕事を意識していると、どうしても、資料作りなどといった仕事の一部に埋没していってしまいます。

 

そうではなくて、アナリストであってもマネージャーのようにプロジェクト全体のタスクやクライアントとのコミュニケーションに意識を向けることによって、プロジェクトの中での位置づけや次にどのような仕事を任されそうかということの予想が出来るようになります。

 

とはいえ、アナリストのうちから、マネージャーと同じ仕事をさせて欲しいと要求するということを推奨しているわけではありません。そうではなくて、自分がマネージャーであったらどうするだろうかと、当事者意識を持って仕事をするということが求められています。

 

2コ上のタイトルを意識して仕事をしてみることで、成長の速度が変わる可能性もありますので、高い意識で仕事をするようにしましょう。


ホーム プロフィール 問い合わせ先