若手コンサルタントに必要なビジネススキル、マインドセット、コンサルティングサービスの種類の紹介

結論から

結論から伝える、という言葉をきいたことありませんか?

 

ビジネスをしていく上でとても大切なことだと思います。

 

これは、メールを書くときや資料を作るときなど、情報を発信するときに、まず、伝えたいことや、相手に依頼したいことを一番初めに述べる、もしくは記載するということです。

 

一般的にコンサルタントが作るパワーポイント資料の1ページの構成を考えてみましょう。一番伝えたい情報であるキーメッセージをタイトル以外ではページの一番上に位置するリード文として記載します。

 

そして、そのキーメッセージを支える理由や事実などの細かな内容はリード文の下のスペースに記載してきます。

 

このように、パワーポイント資料を作成するお作法として、結論から述べるという考え方が組み込まれています。

 

また、別の例として、メールを書くときも同じように結論から述べるということが重要です。これは、海外のアライアンス先などと仕事をするときに、英語でメールを書くときなどに身にしみて感じます。

 

英文メールでは、短い挨拶あとすぐに、相手に起こして欲しいアクションをメールで簡潔にぶつけます。

 

そのあとに、何故、そのアクションが必要なのか、その理由を書いていきます。

 

英文メールなどでは、直接会って会話をすることや時差の関係などで電話もつながりにくいため、ミスコミュニケーションが発生すると修復がとても難しくなります。

 

そのため、相手にこちらの考えを正確に伝えて、アクションを起こしてもらうために、自然と結論から述べてから、その理由を記載するという伝えかたになるのではないでしょうか。

 

資料やメールだけでなく、日常会話においても、忙しい時であればあるほど、結論から話すという習慣を身につけると、スムースなコミュニケーションができるようになると思います。

 

普段の会話やデリケートな話であれば、世間話などをして頃合いをみて、伝えたいことを伝えるというような方法も必要かもしれません。

 

そのことで唐突な感じを相手に与えないですむという効果もあるので、むしろそのほうが円滑な人間関係を築ける場合もあります。

 

しかし、ビジネスにおけるコミュニケーションの目的は、情報を正確に伝えることや、相手にアクションを起こしてもらうことです。

 

ですから、結論から述べるということを求められる場面が多くなってくるのだと思います。


ホーム プロフィール 問い合わせ先