若手コンサルタントに必要なビジネススキル、マインドセット、コンサルティングサービスの種類の紹介

全ては自分の責任

コンサルティングファームだけではなく、他の仕事において、全ては自分の責任だと考えることは良いことではないかと思います。もちろん、あまりにもストイックに自分を追い込めば良いということではありません。

 

例えば、コンサルティングファームに入るといろいろなプロジェクトにアサインされます。理不尽な要求をされることや、納得がいかないような評価を受けることもあるでしょう。

 

そのようなときには、相手を責めたくなる気持ちがわいてくることは、人間なので仕方がないと思います。しかし、その気持ちを野放しにしておくと、必要以上にストレスを感じ、仕事に支障をきたすことになりかねません。

 

実はこのようなときには、全ては自分の責任だと考えると気持ちが楽になり、前を向いて仕事に取り組むことができるようになります。

 

全ては自分の責任であるということは、自分自身で影響を及ぼせる範囲で最善を尽くし、自分の影響の及ぼせない範囲で何かが起こったときには、しょうがないと腹をくくることです。

 

自分の大きなキャリアの展望に向けて、現在のプロジェクトでやるべきことをやり続ける、その途中で上手くいかないことも理不尽なことも当然起こると思います。しかし、自分自身でキャリアを選ぶためには、どんな不運でも引き受ける覚悟が必要です。

 

不平や不満を言うのであれば、その状況を変えることのできない自分自身の未熟さに思いをいたすべきです。その力がないならば、自分ができる「あらゆること」ことをしっかりとやり切って、結果は100%自分の責任だと受け入れるようにする。

 

結果が最悪でもへこたれないで、すぐに前を向く。

 

そのような心がけでアゲインストの風が吹いているときも何とかしのいで、自分のキャリアにおいてやるべきことをやっていれば、風向きが変わる時が必ず来ます。


ホーム プロフィール 問い合わせ先