若手コンサルタントに必要なビジネススキル、マインドセット、コンサルティングサービスの種類の紹介

守秘義務

クライアント(お客様)の情報を他に漏らしてはならないという守秘義務について、お話したいと思います。これは、あえて言うまでもなく、本当に当たり前のことですが、重要なことですので、敢えてページを設けました。

 

「経営コンサルタントの仕事とは」のページでも説明したように、似たような特徴を持つ他の事例で説明するアナロジーの手法を使って考えてみたいと思います。

 

ここでは、「人の病気を治療するのが医者」のならば「企業の課題(病気)を解決(治療)するのが経営コンサルタント」であるとします。

 

ここで、あなたが何らかの感染病に感染し、患者として病院に行ったと仮定しましょう。そして、医者から適切な診断を受け、薬を処方してもらいました。数日後にあなたの症状は完璧に治まり、担当医に心から感謝をしていました。

 

しかし、ある日の休日に隣町のとある店にディナーに行きました。そこで偶然ですが、あなたの担当医が近くの席に座っていることに気付きました。先方もプライベートなのだからと声はあえてかけませんでした。

 

あなたの担当医は同僚と仕事について議論をしていました。そして驚くべきことにあなた名前を出して、「XXX(あなた)さんの○○○(病気名)に処方した薬は〜〜〜」というように施した処置について話しているところを聞いてしまいました。

 

あなたは、どう思いますか?
それまで抱いていたその医者に対する感謝の気持ちも吹っ飛び、二度と治療を受けたくないと思いませんか?そして、二度と信頼することが難しくなるのではないかと思います。

 

これは、経営コンサルタントとクライアント(お客様)の関係にもあてはまります。あなたが同僚とクライアントのことについて、居酒屋で話していたとします。それをクライアントの関係者に聞かれてしまったとしたら、いかがでしょうか?

 

あなた、そして、あなたの会社に対するコツコツと積み上げてきた信頼感が吹っ飛んでしまいます。場合によっては取引停止になることすらあり得ます。

 

あなたがクライアント企業について、知っているいかなる情報も絶対に他言をしてはならないということを肝に銘じるようにしましょう。

 

これは、SNSなどへの投稿についても同じことが言えます。クライアント情報だと類推できるような話をインターネット上に載せることは厳禁だと片時も忘れないようにしましょう。


ホーム プロフィール 問い合わせ先