若手コンサルタントに必要なビジネススキル、マインドセット、コンサルティングサービスの種類の紹介

RACI (レイシー)

■RACIが必要な背景

 

RACIの日本語の発音はレイシーです。プロジェクトの各タスクについて、関係者がどのような役割を担っているのかを明確にするために使われます。

 

特に大きなプロジェクトになればなるほど、RACIのような、フレームワークを使用することによって、プロジェクト関係者の役割や責任の所在を明確にすることが必要になります。

 

■RACIとは何か

 

RACIは、頭文字から4つの役割を表しています。

 

R:実行責任者(Responsible)
タスクの実行者。実行者は複数いる場合があります。

 

A:説明責任者(Accountable)
成果物やタスクの変更/完了に説明責任を持っている役割。別の良い方をすると、成果物の承認者。1つのタスクに対して、説明責任者(承認者)は原則として1名のみ。

 

C:協業先(Consulted)
特定領域に対して、専門的な知識を有し、意見を求められる役割。コミュニケーションは双方向。

 

I:報告先(Informed)
タスクや成果物の完了などについて、進捗状況の報告を受ける役割。コミュニケーションは単一方向(報告を受けるのみ)。

 

 

■RACIはどのように使われるか

 

RACI(レイシー)の使用方法のイメージを記載します。

 

タスクの種類とプロジェクト関係者のマトリクスにRACIを当てはめていきます。例では、縦軸がタスク、横軸がプロジェクト関係者になっています。横軸のプロジェクト関係者のところには、実際に人の名前を入れることもあるようです。

 

RACI (レイシー)

 

このようなチャート形式にして、役割分担を明確にするかどうかは、別にして、規模が大きなプロジェクトであればあるほど、RACIのような役割分担があります。

 

ですから、このような役割を意識して仕事をすることが必要です。

 

上記の表では、プロジェクトマネージャーは「プロジェクト憲章作成」についてはAとR、「WBS作成」についてはAのみと役割が記載されています。

 

この場合には、「プロジェクト憲章作成」の際には、ある程度、プロジェクトマネージャーも手を動かして、資料を作成する必要があります。一方、「WBS作成」のときには、プロジェクトマネージャーは手を動かさずに内容の確認と承認をするだけです。

 

ですから、プロジェクトリーダー以下は、「プロジェクト憲章作成」の際には、プロジェクトマネージャーと密に連携を取りながら仕事を進めていけば良いですが、「WBS作成」の際には、独立的に成果物を作っていく必要があります。

 

このようにタスクごとに関係者の役割が変わっていきますので、そのタスクに対して、自分がどのような役割で、どのような関係者がいるのかということを把握する必要があります。

 

RACIチャートがあれば、良いのですが、無い場合には、自分が何を期待されているのかということを事前に、もしくはその都度、確認することが必要です。


ホーム プロフィール 問い合わせ先