若手コンサルタントに必要なビジネススキル、マインドセット、コンサルティングサービスの種類の紹介

ブレスト(発散と収束)

ブレインストーミング(Brain Storming)という言葉をしっていますか?

 

略してブレストと呼ばれることが多いですが、直訳すると「脳に嵐を起こす」というような意味になるのでしょうか。

 

これは、ある事柄について、複数の人が集まって意見や考え方を出し合って、チームとして考え方を纏めることです。

 

これによって、短時間に一人では考えつかないような多くの考えを出すことが可能になります。

 

方法はとても簡単です。特別なルールはないと思いますが、良く行われるのは以下のような手順です。

 

【ブレストの手順】
@目的を決める
Aメンバーを決める
Bホワイトボートなどメンバー全員が見ることができるものを用意する
C自由な雰囲気を作る
D進行役と時間配分をきめる
E意見・考え方を出す
F意見・考え方をまとめる

 

@テーマを決める
何のためにブレストをしようとしているのかを明確にする必要があります。ブレストを経て意見を出し合って、どのような成果物につなげようとしているのかを明確にします。これは、みんなで決めると言うよりはむしろ起点となる一人が目的と成果物のイメージを明確に持ち、その他のメンバーに知らせる必要があります。

 

Aメンバーを決める
会社のプロジェクトであればメンバーは決まっているかもしれませんが、考えるテーマによって必要なメンバーを集める(3〜5人くらい)必要があります。考えるテーマに対して、詳しい人や経験した人などがいると、なお良いです。

 

Bホワイトボートなどメンバー全員が見ることができるものを用意する
ホワイトボードがもっとも適していると思いますが、メンバーの意見・考え方を書き込むことができて、メンバー全員がそれを見ることができるサイズのものが良いです。

 

C自由な雰囲気を作る
ブレストをするときは自由な雰囲気を作ることが大切です。上下関係など気にせずに、自由に思ったことを話せる雰囲気をつくるようにしましょう。

 

D進行役、メモ書き役、時間配分をきめる
EとFを進めるにあたっての時間配分を決めましょう。そして、タイムキーピングする人や、テーマから大きく外れないように「やんわり」とコーディネートするファシリテーターを決めましょう。ファシリテーターは@の目的と成果物イメージを明確にもったうえで、メンバー全員から引き出したいトピックを提示する必要があります。ホワイトボードにメンバーの意見を書いていく担当者も決めましょう。

 

E意見・考え方を出す(発散させる)
ファシリテーション担当者の出すトピックにそって、自分たちの意見や考え方を自由に出していきます。メモ書き担当の人は、メンバーの意見をホワイトボードに書いていきましょう。このときに人の意見を批判することは控えましょう。全員の意見を出し切ること(発散させること)が重要です。

 

F意見・考え方をまとめる(収束させる)
最後に、目的と成果物イメージに沿うようにまとめ(収束させ)ます。この時には、フレームワークを使用するなどして、チーム全員の考え方を目的に沿うようにまとめていくようにしましょう。

 

以上がブレストの基本的な考え方になります。


ホーム プロフィール 問い合わせ先